水没修理

水没・浸水時に決してやってはいけない4つのこと

1.水没直後にiPhoneの電源を入れてしまう

水没直後は気が動転していて何をしたら分からず、とりあえず電源を入れてiPhoneが起動するか確かめようとする場合が多いと思います。
実は、これは絶対にやってはいけないことなのです。
iPhone内部の金属部品類と水分に通電し化学反応が起き、電源回路がショートしてしまう場合があります。また、電子回路部分に水分であるイオンが接触することによって酸化が進行し、サビ発生の原因になってしまいます。これだけは絶対にやめて頂きたい行動の一つです。
と言っても電源スイッチを触ってしますのは仕方のないこと。一度電源が入るかどうか確認してだめな場合は、そのままにしておいてください。

2.iPhone本体へのドライヤーなどでの加熱

恐らく、これが一番やられている対処法ではないかと思います。
「ドライヤーで乾かしたら復活した」、「こたつに入れたら直った」など熱によって乾燥させる様々な対処法がインターネットに出回っています。
実際に電源が入った例もあり、一見正しい方法のように思われます。しかし、直ったように見えるiPhoneの内部は、水と熱により基板が損傷してしまい結果的には寿命が短くなってしまう可能性があるのです。
iPhoneの内部は複雑になっているためドライヤーで水分を乾かすのはかなり難しい作業です。

3.本体内部の水分飛ばすため激しく振る

これは完全に逆効果の対処法です。激しく振ることで内部の水分が拡散、結果的に水没部分が拡大してしまう行為となります。
また、本体内部で使用している接着剤へのダメージの拡大にもつながります。

4.フリーザーパックの中に乾燥剤を入れて乾燥させる

最近この方法を取られる方が多いですが、iPhoneの中の基板には電子部品を守るためのカバーがされています。その中の水分まで乾燥させるためにはかなりの時間を要するため出来るだけ早く相当の処置をしてください。2日も経てば復活不能になる確率が一気に上がります。

充電しようとする

水没してしまったiPhoneを拭いて、充電し復旧させようとする方がいます。しかし、水没直後のiPhoneの充電やパソコンとのUSB接続は、電源を入れる行為と同じような現象が起こると思われます。
水没してすぐの充電は控えてください。

お持ち込み時に起動しない場合

(1)基板修理(起動させるだけ)
(2)データのみ取り出しもOK(チップ移植によるデータ取り出し)

お持ち込み時に起動できる場合

全パーツ分解後、基盤を乾燥させます(専用溶剤使用)
その後データバックアップも可能です【別途料金頂戴】

海水による水没

1.再度水道水等による洗浄をする。

海水は塩分が多いため内部部品を通常の3倍くらいの速さで錆びさせてしまいます。
まず、水道水等にて海水を洗い流しましょう。

2.データー取り出しのみとして考える

錆る速度が速いため一度起動しても長く使えないことが多いように思います。
既存のデーターを取り出すための「水没処理」と考えてください。

修理事例

水没修理その他の修理含めご紹介しています。
どんな不具合のとき修理できるかどうかの目安にしてください。
こちらを参照ください。⇒https://www.facebook.com/ifc.hyogo/

YouTubeタイトル

CONTACT

TEL:078-224-2155

営業時間:9:00~20:00 / 定休日:木曜日

所在地:神戸市兵庫区駅前通4丁目2番8号